facepowderfacepowder

T.ルクレール プレストパウダー

T.ルクレール プレストパウダー
バナーヌ

4,900円(税別)/ 10g

対応肌タイプ:すべての肌タイプ
米粉配合

テクスチャ:パウダー
カバー力:ナチュラル
仕上がり:パウダリー

T.ルクレールの代表的な商品として知られる米粉のルースパウダー。プレストパウダーとは粉をプレストし、固形状になったものをいいます。肌にしっかりと付くため、ルースパウダーに比べると、ややマットな仕上がりに。細かな粒子がピタッと肌に密着し、気になる箇所をカバーします。

米粉の成分がお肌の水分を逃がさないかわりに、余分な皮脂を吸着、乾燥しにくくパサつかず、テカリや化粧崩れを抑え美しい肌を長時間キープ。肌にとって余分なものを入れない、シンプルながらこだわりの処方で、肌に負担をかけないストレスフリーな付け心地です。

毎日の化粧直しにも便利なコンパクトタイプのプレストパウダー。ミラー・パフ付です。

バナーヌバナーヌ:光を拡散してくすみを飛ばすバナーヌ。創業当初から定評があり、世界で1番人気の高いカラーです。ハリウッドの女優やパリコレのモデル、メイクアップアーティストが最も好んで使う色でもあります。

一般的にイエローのカラーコントロールはくすみや赤みをカバーし、影を目立たせなくする働きがあります。クマやシワ、毛穴はその影が沈んで余計に目立ってしまうケースがありますが、バナーヌはその影を目立たせなくし、つるっとした美くしい肌に仕上げます。また、イエローといっても鮮やかなレモンイエローやライムイエローなどさまざまな種類がありますが、日本人の肌に最も馴染むといわれているのがバナナイエロー。白浮きせずに肌のトーンを明るく見せてくれる色です。

おすすめの使い方:バナーヌを顔全体にのせ、目元、鼻筋にパルマ、トランスルーシドをプラス。自然なハイライトの役割を果たします。

<使用方法>
フェイスパウダーは大きく3つの役割として使用されます。
1)メイクの仕上げにのせ、メイク崩れ防止に。より美しい肌を長時間保ちます。
2)化粧下地の上にのせ、素肌を活かしたナチュラルな肌へ。
 (パウダーのみご利用の場合は洗顔だけでOK。クレンジングは必要ありません。)
3)メイク直しに。
※ファンデーションは相性の良いリキッドタイプがおすすめです。

使用するツールは2つ。

■ブラシ
メイクアップの仕上げとして使用する場合におすすめです。
①ブラシにパウダーをのせます。
②余分なパウダーをティッシュなどではらい、ブラシに均一にのるようになじませます。ムラを無くし、厚くなりすぎるのを防ぎます。
③顔の中心から外側へ、くるくるとブラシを動かしながらパウダーを肌になじませます。
④目元や小鼻周りなど、細かい部分はより丁寧にしっかりとパウダーをつけます。
(小さいブラシを使用する事をおすすめします。)
⑤フェイスラインをぼかしていきます。
⑥ブラシの粉をはらい、顔全体の余分なパウダーを軽くとります。

■パフ
①パフにパウダーをとります。
②パフをしっかりともみ込み、均一になじませる事でムラを無くします。
③顔の中心から外側へ、表面を滑らせるように軽くのせます。
④目元や小鼻周りなど、細かい部分はパフを折ってのせる。崩れやすい部分なのでしっかりと丁寧にのせて下さい。
⑤フェイスラインをぼかし、顔と首元の色を合わせます。
⑥余分なパウダーをブラシではらいます。

成分 タルク、マイカ、コメデンプン、酸化亜鉛、ステアロイルオキシステアリン酸オクチルドデシル、酢酸セチル、ナイロン-12、ラウロイルリシン、シクロペンタシロキサン、ミリスチン酸Mg、パルミチン酸エチルヘキシル、ステアリン酸エチルヘキシル、酢酸ラノリル、ステアリン酸亜鉛、デヒドロ酢酸Na、ジメチコノール、p-アニス酸、シリカ、ステアリン酸、香料、水[+/-]酸化チタン、酸化鉄、黄4号


一覧に戻る